英会話スクール研究所 英会話学校の評判情報 教室/スクール比較評価の定番サイト
あなたにピッタリの英会話学校選びは英会話スクール研究所でどうぞ
英会話スクール研究所のトップページへ
突撃アンケート
★突撃アンケート結果発表
新着投稿
☆頑張れ日本!!&英会話
イングリッシュ
ビレッジ
Benn
イングリッシュ
ビレッジ
ピカチュー3
イングリッシュ
ビレッジ
pico
COCO塾 こよこよ
COCO塾 サクラ
We(ウィー) デパガのふちこ
We(ウィー) チップスター
We(ウィー) きゃんきち
We(ウィー) コアントロ
We(ウィー) 英会話スクール研究者
コペル英会話 まる
コペル英会話 はなび
コペル英会話 まどか
コペル英会話 レインボー
ワンナップ英会話 匿名 Hot !
ワンナップ英会話 M.U Hot !
ワンナップ英会話 hako
ワンナップ英会話 H.W
ワンナップ英会話 OKA
イーオン 英会話おたく Hot !
イーオン Sora
イーオン ハコビ
イーオン pico
NOVA たけしお Hot !
NOVA 7328
NOVA あんこだま
ベルリッツ グフ
ベルリッツ ちょびりん
ベルリッツ ロートル
リンゲージ くみ Hot !
リンゲージ ぽん
リンゲージ チャレンジぞう
日米英語学院 あゆこ
日米英語学院 はなからうろこ
日米英語学院 ran
ECC ゴート
ECC 孤高の陪審員
ECC たけしお
ECC るいーじ
ECC ころきち
GABA 無職
GABA pianissimo
GABA POPEYE
7アクト うきうきうっきー
7アクト 英会話歴7年
シェーン ita
シェーン コナ
シェーン まみぞう
トランスワールド ぼんちゃん
トランスワールド jogjog
ロゼッタストーン かかし
ロゼッタストーン jun
ヒアリングシャワー コタロー
ヒアリングシャワー 小学生
スピードラーニング すずめ
スピードラーニング 小軍サマ
イングリッシュアドベンチャー 受験生ヤスオ
イングリッシュアドベンチャー いけだ
ヒアリングマラソン うきうきうっきー
ヒアリングマラソン いも
ロゼッタストーン・ラーニングセンター エリ
ロゼッタストーン・ラーニングセンター 英太
英会話ビギン yuri
Leaf Cup けいた
K/H わすれたわー
六単塾 うきうきうっきー
K_speed あやしげ
Thanks for your posting!
人柱投稿 markychop

流行語的俗語…使っていい?

英会話スクール研究所 英語道

○イディオムと4文字言葉のそこが知りたい!(パート1)

どこかで、誰かがこの一連のコラムを読んでくれていると信じ、今日も書き始めました。いきなりですが、多分、タイトルといつもどおりかけ離れたところにコラムは流れていくと思いますが、いつものことなのでお許しを。

4文字言葉swear wordなどとも呼びますね)、俗語というより、卑語に近い言葉。留学や、海外遊学から帰ってきたての方々は、よく使いたがりますね。外国人と一緒にいると、確かに一番頻繁に使われる言葉ですから、何回となく耳にしているうちに、自分でも使いたくなったり、自然に使い出したりするのでしょう。例としては、○uck, ○hit, ○amm や、○on of a ○itch などがあります。たねぞうはクイーンズイングリッシュにはちょっと弱いので、よく判らないのですが、ことアメリカ人の英語を調べてみると、「馬鹿」「ドラッグ系(お酒で酔う系)」「セッ○ス系」をあらわす俗語がひしめいています。馬鹿系を例にだしましょう。ちょっと思い出すだけで;

sshole, dork, dick, dick-head, dope, geek, air-head, jerk, nerd, dweeb, etc.延々と続く。これらの単語はたねぞうは今辞書を調べて書いている訳ではありません。思いつくままに書いているだけです。多分、dweeb などは、まだ新しい言葉だから、オンライン辞書ぐらいじゃないと載ってないかも。実際にdweeb は知らないという外国人結構いました。手元に、American Slang Dictionaryもあるのですが、きりがないので止めます。ドラッグ系とセッ○ス系についての俗語や卑語は、ここでは紹介することはできませんし、今後とも紹介する予定はありません。が、せっかくですから、いくつか害のないものを「ドラッグ系(お酒で酔う系)」から紹介すると;

get stoned, get baked, out of it, etc. stonedなどは日本語にもなっているかな?2番目は、これも新語に近いと思います。3番目のout of itは、あまり害なく使えそうですね。日本語で、人を馬鹿にする言い方は日本人のたねぞうでさえ「馬鹿、アホ」とそれぐらいしか思いつかないのに、なんと英語ではきりがないくらいあります。微妙にニュアンスは違うらしいですけどね。また、ドラッグ系もきりがないですし、セッ○ス系の俗語、卑語もそれだけで辞書ができるでしょう。

たねぞうが思うには、元クリントン大統領でしたっけ?大学時代にマリファナすったことがあると発言して物議をかもしたのは。ある意味、これも文化なんだろうなぁと考えてています。その時は、「吸ったことはあるが肺にはいれていない」と苦し紛れの言い訳をしていらっしゃったようですが、笑いましたけど。これが日本だったらどうなるのだろうか。

このように、言語それぞれにやはり文化(らしいもの)に根付いて単語は育っていくような気がします。奥ゆかしさ、寡黙、などを美徳とする日本にはそれなりの日本語が育つように。

今まで例にあげたのは極々一部ですが、その他、現地でのカッチョいい流行語的俗語を身につけた留学生が日本に帰ってきた時に、ちょっと使いたくなりますよね。たねぞうもそのお気持ちは痛いほど判ります。せっかく、留学しなかったら知りえないような言葉を習得してきたのですから。

た・だ・し、ちょっと気をつけていただきたいことがあります。たねぞうは、卑語などを知ることは決して悪くないと思っていますし、それどころか有用だと思ってます。特に映画などを見ている時には、知らないと理解できない言葉があると「笑うに笑えない」時もありますから。ちなみにたねぞうが、dorkという言葉を覚えたのは映画の「スーパーマン」からでしたよ。

知っていることと自分がそれを使うこと。この2つには大きな違いがあります。コラム7の最後に書きましたけど、日本語でも英語でも、それぞれのネィティブが知っている母国語の単語は一般人で3万、その中で自分の言葉として使いこなせる言葉はたかだか3千ぐらいです。特に、卑語の扱いは注意を払う必要があるというのは、知っていてそれを完全に使いこなせる人は、その卑語の背景にある文化(的なもの)、狭義的には、その特定の卑語が使われている人間関係(サークル)を熟知した上で使用する必要があるのです。つまり、その言葉を使える間柄なのかどうか?単純に○○○○という単語が「馬鹿」を意味するからといって、TPO(時間、場所、状況)をわきまえずに使用すると、とんでもないことになるとこのコラムでは伝えたいのです。

たかだか、2、3年の留学経験などでは、文化なんて浸透するほど理解できる訳はありません。覚えた俗語が、その土地のみで、またその仲間内のみで使われていた俗語、卑語だったかもしれません。場所や、状況が変わると全く別の意味にも変わりえるかもしれません。特に、ビジネスマンの方はご注意された方がいいと思います。たねぞうは、原則として、上記のような卑語にあたる言葉は、自分では使いません。使いませんというより、使えないのです。だって、おそらく、「馬鹿」を意味する英単語が100あったとしても、それぞれのニュアンスは100通りでしょうし、たねぞうは、そのニュアンスを自分で完全に理解していると核心がない限りは、使いません。

英会話スクールのテキストの中には、何を考えてか限りなく俗語に近いものを扱っているものもあり、(たねぞうが潜入した某スクールのテキストに発見)ちょっと???と感じました。皆さんも、俗語や卑語は確かに面白いし、知ることは有用ですが、自分で発言するときには、ごくごく、用心された方がいいと思います。例えば、勘違いされてしまって、男性なのに、男性から迫られたりして・・・?

パート2では、つけたし程度になるかもしれませんが、イディオムについて考察(おっ、なんか英会話スクール研究所っぽい)してみますね。お楽しみに。


○イディオムと4文字言葉のそこが知りたい!(パート2)

パート2です。今回はイディオムについて扱おうと思っているのですが、基本的にたねぞうは、このコラムでは、やはり、「文化の違い」に主眼を置いて書いております。英会話学習において、厄介ものの一つがイディオムとか連語とか、それに類する表現。文字通りの意味から派生して、特殊な意味をもつ表現たちです。

たねぞうは、このイディオムについても、知っておくのはとても重要なことだけれども、自信がなければ使いません。もちろん、ネィティブに、練習で使って聞いてみるのはいいでしょうが、実際の商談とかの大切な場面では、とてもとても、知っているだけのイディオムは使う勇気がないというのが本音です。 例えば、「怒る」という表現を見てみましょう。たねぞうが、「怒る」という表現を英語で伝える場合は、誰でも知っているような、 get angry, get mad, get upset, tee me off ぐらいでしょうか?多少気心のしれた友人であれば、ちょっとくだけて、○issed off なんて使ってしまうかもしれませんね。

ところが、英検1級や準1級ぐらいのレベルの勉強になると、上記だけでは、とても不十分になります。他にも、たくさんの表現がありますよね。

raise cain, get hot under the collor, hit the ceiling, blow one’s top などなど、ちょっと思い出しただけでもずらずら出てきます。多分、今は思い出せなくても、聞けば判る「怒る」という英語表現は、30個ぐらいはたねぞう自信は知っているでしょう。もちろん、知っているだけで自分で使えないんですが。このような表現は、勉強として知ることは大切です。だって、知らないと英検も受からないし、新聞や雑誌にもでてきますからね。但し、特にイディオムには、それが作られた背景という文化的要素が入るものもあり、使うのは非常に難しいと思っているわけです。聖書からの引用なども非常に多いです。なのがあるかって?忘れました・・・。突っ込まないで下さい。

原義と大きくかけ離れている表現として、send someone up the river なんてどうでしょう。なんでこの表現が「刑務所送りになる」という訳になるのか?非常に不思議です。つまり、send someone up the river = 刑務所送りにする と知っているだけでは、試験対策にはなるとは思いますが、何故そのような意味になるのかまで文化的背景を掴んでおかないと、実際に使った場合に大きく外す場合があるということを言いたいのです。何故刑務所送りになるのかって?すんません。知りません。 close but no cigar ぐらいは由来なども含めて知っていますけど。そのような由来を知ると自信を持って使えます。

例えが、合っているかどうか判りませんが、日本に長く滞在している外国人が、「拙者の名前は〜」とか「無礼者」とか「ひかえ〜お〜ろ〜」とか、そんな日本語使ってたら可笑しいでしょ。そのような日本語も水戸黄門などの時代劇で、いつの間にか自然に日本人は知っていますけど、そういう文化的背景が、同様に英語でもあるのではないでしょうかとお伝えしたいのです。

そういえば、英検1級を取得している、大変賢い友人が、cash という単語(動詞で現金化する意味)を名詞では知っているけれど、動詞で使われた時に、知らないで戸惑っていたのを思い出します。あんなに、難しい連語や単語を知っている人が、どうして、cashなんていう動詞を知らないの?とたねぞうは不思議にその光景を眺めていましたけれど。ちょっと、話が逸れますけれど、名詞は基本的に無理やり動詞に使えるそうですよ。典型的な例が、Let’s party. や、I got carded. (身分証明の提示を求められた)や、water なんてものも「水をやる」でしたっけ?面白いでしょ。

あと、よく、get, take, have などと in, off, out などを組み合わせて使うといろいろな表現が可能です。これもイディオム。英会話スクールの人は、「ねぇ、○○さん。“これで終わりです”なんて、that’s it.でいいんですよ。簡単でしょう。“最高”は、this is it なんていうのよ。単語なんて、使いようですね、オッホッホ」と聞こえてくるようですが、そのような表現は知らない限り理解できないし、知らない限り使うこともできないとたねぞうは正直に思います。have it in for him がどうして、「恨みがある」になるのか、それぞれの単語の語感を100%理解していたとしても、知らないとお手上げじゃないでしょうか?「英文法の謎を解く」という書籍をだしている、副島さんという方が、書いていました。「私の英語力なんてしょせんそんなもんなんですよ」と。たねぞうは、この言葉の重みが100万トンぐらいに感じます。たねぞうも、英文法なども、マイケルスワンの文法書(知ってる人は知っている文法書です)を、本屋さんで、3時間立ちっぱなしで立ち読みしたことがあります。隣のコーナーは辞書コーナーで、知らない単語がでてくるとちょっと隣にいって書店で勉強してました(今は、携帯のカメラでワンショットとる、デジタル万引きっていうのが流行ですが、たねぞうの場合は、思いっきりアナログでした)。話が逸れまくりますが、give in も知らないと理解できない。give in を概念を理解していても、give in とは別物だから、give in を一つの単語と思うしかないわけです。これくらいの、レベルであれば、頻繁にでてきますから、自然には使えるでしょうけれどね。

ふー。何を書いているか、既に、コラムタイトルさえ頭に残っていないのに気付きました。ということでここいらでこのコラム終了!

●コラム目次へ

もどるうなぎは英会話スクール研究所の教室案内人です

英会話スクールおすすめ
英会話スクールおすすめ
ベルリッツ
コペル英会話
新宿英会話教室
ワンナップ英会話
特別投稿
特別投稿
掲示板から

お便り紹介(自分勝手さん)
英語道
たねぞうの英語道

スペルを書けないネィテイブNew

音だけで生きている言葉

人柱報告
是非笑って下さい英会話スクール研究所ピックアップス
投稿
たねぞう@英会話スクール研究所管理人
たねぞう@英会話スクール研究所管理人
たねぞうについて
英会話雑談掲示板
英会話雑談掲示板
英会話質問BOX
質問のほか、スクール選びのお悩みもご相談ください。
たねぞうがお答えします。
質問BOX
プレスリリース
英会話スクール研究所のプレスリリース
たねぞうのリンク集
特別リンク
●こんなサイト見つけちゃいました。皆さんどう思います?

比べて笑える英会話スクール研究所へのリンクはご自由に
Copyleft ( こ ) 2004-2010
英会話スクール研究所のトップページ